読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「1ヵ月12万円生活」ブログ

1ヵ月12万円で生活できるように実践したり考えてみたりするブログです。でも結構脱線してます。

旅行に行きたい。東南アジアとか。

年度が変わるので仕事がバタバタ!!

 

 

〜YES.

私がバタバタ走り回るバタ子さんですよ。〜

 

〜今日も今日とて、パン工場で同じ顔のパンを1,000個作り続けました。〜

 

 

アン◯ンマン!!

新しい顔が1,000個よ〜!!

 

 

仕事が落ち着いたら旅行に行きたいです。

 

日本をプラプラしたり、東南アジアの国に行きたいです。

 

以上。

 

適当に描いてみた。ただそれだけ。

適当にペイントで描いてみました。

 

f:id:tasogare_syonen:20170309000433j:plain

 

雲!!

 

Cloud!!

 

以上。

自分が簡単にやっていることが、他人にとっては難しいことでもあるということに気付いた点について。

仕事とかの日常生活の中で、

 

「自分自身は特に意識しないで簡単にやっていることでも、他人にとっては難しいことがある」

 

ということに気付きました。

 

 

 

これが一種の才能とか特技というものなのかもしれません。

 

 

僕自身が得意なこともあれば苦手なこともあります。他人も得意なことと苦手なことがあります。

 

 

 

僕が無意識にできていること。

 

僕の中で、無意識に自然とできていることは以下のようなものです。

 

・冗談を言って周りの場を和ませる。

・目上の人とかにでも、冗談を言って距離を近づけることができる。

・ある程度先読みして、必要なものを先に用意しておく。

・他人の表情とか場の空気を見て、周りが何を求めているのかを判断すること。

・面倒なことをできるだけ簡単にしようとすること。

・長ったらしい説明が嫌だから、ぶっちゃけ話をすること。

・第一印象は誠実な雰囲気の人に見せられること。(付き合いが長くなると、色んな面で適当な人間ということがバレてしまう。)

 

 

上記のものって、無意識にやっているので、どうしたらそういう風にできるのかって言われてもなかなか説明ができないです。

 

なんとなく感覚的に雰囲気でやっているので、努力してその能力を伸ばした経験とかはないです。

 

 

 

他の人にとっては意外と難しいみたい。

 

僕が無意識にやっていることが、他の人にとっては難しいこともあるみたいです。

 

「なんでこの人、もっとここで上手く冗談を言えないんだろう」

「次にこういうことが起きるはずだから、こういう準備をしとけばいいんだよ」

 

とか、心の中で呟いてしまうこともあります。

 

 

でも、逆に僕にとっては難しいこともたくさんあります。

 

 

僕にとって難しいこと。

 

僕の中で、難しいなと思うこともあります。

 

・ゴリ押しの要求をすること。

・汚い部屋に住み続けること。

・ただ真面目に淡々と話すこと。

・物凄くきれいに細かく、使いやすく書類を整理整頓すること。

・無言の重苦しい場所で黙り続けていること。

 

以上のようなことは僕は苦手です。

 

 

得意なことを見極めて、仕事をした方が良いと思う。

 

僕の得意なことは、今の仕事には合っています。

なので、今の仕事に就いて間違いはなかったなと思っています。

 

学生時代はこんな特技が仕事で役に立つなんて思っていませんでしたが。

人生どうなるかわからないですね。

 

 

みんなそれぞれ自分が得意なことを客観的に見ることができれば、仕事で自分の力を発揮できる人が増えると思います。

 

以上。

歳を取っても働き続けたいと思う件について。

お金が大好き!!

 

 

歳とっても何かしら仕事をして収入を得たいと考えています。

 

まぁ、定年退職するまのは40年位先のことですが。

 

 

 

当たり前過ぎるけど、仕事をすることで得られること。

 

仕事をすることで得られることを当たり前だけれど書いてみたいと思います。

 

・収入を得ることができる。

・知り合いを増やすことができる。

・色々とできることが増えて、器用になる。

・生活にメリハリができる。

・ボケない。

 

パッと上げただけでこれぐらい出ました。

 

 

定年を迎えた後も働き続けたい!!

 

あんまりストレスの溜まる仕事は嫌だけれど。

 

 

 

歳取っても、お金の心配をしないで、遊んだり、買い物したりしたい。

 

働いて収入があれば、遊んだり、買い物したり、自由にできる機会が増えます。

 

歳取っても、遊んだり、買い物したりしたいです。

 

好きな所に旅行したり、好きなモノを買ったり、そういうことをするためにはお金が必要です。

 

だから、働いて、お金をいっぱい稼ぎたいです。

 

 

歳を取っても、色んな所に旅行に出掛けたり、服を買ったりしたいです。

 

 

 

理想の老人像

 

中尾ミエ」みたいな年の取り方をしたいです。

 

歳を取っても仕事して好きなことして、体も健康で過ごしたいです。

 

 

あと、60歳を過ぎたら髪の毛を金髪にしてみたいです。

所ジョージみたいな感じで。

 

服とかも色々好きなものを着てみたいです。

老人スラックスとかじゃなくて、ジーンズを穿いていたいです。

 

 

こんな老人になりたい。

 

こんな老人になりたいです。

f:id:tasogare_syonen:20170306225715j:plain

 

独身で、好きなことして生きていきたいです。

 

野菜を作ったり、ガーデニングをしたり、簡単なDIYをしたり、

 

そんな感じで、一人でなんでもできる陽気な老人になりたいです。

 

 

以上。

 

 

 

「日本より幸せなアメリカの下流老人」という本を読んだ。低所得者への福祉制度の充実って本当に大切なことだと思った件について。

「日本より幸せなアメリカの下流老人」という本を読みました。

 

 f:id:tasogare_syonen:20170306142749j:image

 

ざっくりと本の内容をまとめてみる。

本の内容の超簡単なまとめは以下のような内容です。

 

・アメリカはバリバリの格差社会で資本主義社会であるが、アメリカの方が日本よりも低所得者に対する福祉制度が充実している。(高齢者だけではなく全ての世代の低所得者に対して。)

 

・中間層に対する福祉制度は日本よりも薄いが、低所得者に対する福祉制度は日本よりも手厚い。

 

・福祉制度が充実しているおかげで、低所得の高齢者も楽しく生活できている。

 

 

 

 低所得者への福祉制度の充実って本当に大切なことだと思う。

 

日本って生活保護受給者へのバッシングとかすごいけれど、低所得者への福祉制度の充実って本当に大切なことだと思います。

 

 

とりあえず、どんな状態なっても生きていけるっていう状況は、ものすごい安心感だと思います。

 

 

今の日本は財政赤字で、福祉制度の縮減が行われています。

低所得じゃない人は、どうしてたくさん働いていて稼いだお金を、税金で取られなきゃならないのかって思ってしまうこともあると思います。

 

でも、中間層と富裕層から税金を徴収して、低所得者への福祉制度の充実に充てるべきだと思います。

 

 

低所得の人って、その人個人の問題だけが原因で貧困になっているわけではないと思うのです。

 

 

生まれ持った能力とか環境とか、そういう本人だけじゃどうにもならないことが原因で低所得になっていることもあります。

 

それって、本人の努力だけで解決できるものでもないと思います。

 

というよりも、努力で解決なんて無理だと思います。

 

 

人間の人生って、生まれ持った能力とか遺伝とか環境とかでほとんど決まっていると思います。

 

 

性格とか能力とか元を辿れば、遺伝とかの関わりが大きいと思うのです。

 

これだけたくさんの人が世の中にいれば、能力の高い遺伝子を持った人もいるし、能力の低い遺伝子の人もいます。

 

能力の高い人も低い人も、みんなたまたま今の状態にあるだけで、本人の努力でどうこうできた部分ってごく僅かのものだと思います。

 

「努力する」っていうこと自体が、遺伝子的に高い能力を持っていると思うのです。

 

だから、中間層とか富裕層の人っていうのは、なんだか偶然ラッキーでそういう遺伝子を手にすることができて、現在そういう状況にいると思います。

 

だから、今余裕のある状況にいる人のところから税金を徴収して、低所得の人への福祉制度に充てるべきだと思います。

 

もしかしたら、自分自身が低所得者になっていた可能性だってあるのです。

 

たまたま、中間層とか富裕層になれただけなので、みんなで助け合う精神で、福祉制度の充実を図っていく必要があると思います。

 

以上。

 

 

「やる気のある者は去れ!!」というタモリの言葉が好きな件について。

タモリが好きです。

 

f:id:tasogare_syonen:20170305224602j:plain

 

控え目で出しゃばらなくて謙虚な所が好きです。

 

 

 

「やる気のある者は去れ!!」というタモリの言葉。

 

「やる気のある者は去れ!!」

 

 

と、タモリが言ったそうです。

 

その言葉の真意は知りませんが。

 

 

僕もこの言葉が大好きです。

 

 

 

やる気満々の人って、空回りして、物事の根本的なことを見れないと思う。

 

やる気に満ち溢れている人ってなんだか苦手です。

あんまり仲良くなれない気がします。

 

色んな物事に対して、「ちょっと面倒くさいな」と常に思っているような人との方が仲良くなれる気がします。人間味も感じられるし。

 

 

やる気満々の人って、なんだか空回り気味の人が多いと思います。

 

自分の頭の中だけで完結して自己満足してしまって、現実の状況に上手く対応できていないと思います。

 

 

「面倒くさいなぁ。」と思いながらやっている方が、物事を多面的に見られると思う。

 

物事に対して「面倒くさいなぁ」と思いながらやっている人の方が、色んなことを効率的にできるようになると思います。

 

それに、やっていることの効果も、面倒くさいなぁと思ってやった方が、上がると思います。

 

やる気満々の人よりも、一歩下がって物事を観察しながら取り組む人の方が、色んなことが上手くこなせると思います。

 

以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

平野レミの料理動画を見ていたら、面白過ぎて幸せな気分になった件について。

平野レミが大好き!!

 

 

今日平野レミの動画を見ていて知ったことだけれど、

 

平野レミ

 

料理”研究家”

ではなくて

料理”愛好家”

 

でした。

 

 

料理は研究するものじゃなくて、

 

 

楽しむものとのことです。

 

 

YOUTUBE平野レミの料理動画を見た。

 

YOUTUBEで「平野レミ」と検索をかけると一番上の方にアップされていた動画が大爆笑でした。

 

NHKあさイチという番組で料理を作った動画です。

 

 

もう平野レミ、やりたい放題の傍若無人ノ巻!!

 

 

ブロッコリーを丸ごと使ったレシピで、ブロッコリーを丸倒しにしちゃったり、

f:id:tasogare_syonen:20170302232957j:plain

 

 

セットのホコリまみれのおなべのフタを使おうとしたり。

f:id:tasogare_syonen:20170302233044j:plain

 

この動画見ていると、色んなこと悩んでいるのが馬鹿らしくなってきます。

 

 

 

平野レミは夢とか目標とか持たない!!

 

サワコの朝という番組に平野レミが出ていました。

 

 

「夢とか目標とか持たないの!!」

 

って、平野レミが言っていました。

 

 

自分が自然とやっちゃう好きなことを続けていれば、知らない間に自ずと道ができてくるんだそうです。

 

無理して目標を立てたりとかする必要ないんだそうです。

 

 

僕も平野レミの意見に

 

超~~~納得しちゃいました。

 

 

平野レミ的に生きていれば、人生健やかにお花畑で生きていけると思います。

 

以上。