人生本気になると病むから、ゆるく生きてます。

人生本気になると病むので、ゆる〜く生きようとしている人間の低め安定な雑記ブログですよぉ〜。

人生病まずに気楽に生きてく為に、身軽に生きてくようにする。

『人生病まずに気楽に生きてく』っていうのが僕の唯一の人生の目標です。

 

他の目標なんて、三日以内にブレまくり、蜃気楼のように消えていきます(笑)

 

人生病みそうな出来事が起きた時には、『人生病まずに気楽に生きてく』って、心の中で呟いています。

 

 

【人生病まずに気楽に生きてく為には、身軽に生きていくことが必要。】

人生病まずに気楽に生きてく為には、身軽に生きてくことが必要だと思います。

 

身軽に生きてく為には、

『結婚しない』

『子どもを作らない』

『生活コストを低くする』

『余計なモノを持たない』

ってことを大切にしています。

 

【結婚しない。子どもは作らない。】

結婚しちゃうと相手を養う責任が発生しますね。

 

子どもは可愛いけど、育てていくには物凄く大きな責任が発生します。子どもを育てることって、人生で一番責任のあることだと思います。

 

仕事等で病んだとしても、配偶者や子どもを養わなきゃならず、無理に仕事を続けて病んでしまった人も見ています。

 

凡人の僕なので、絶対に同じように病んでしまうと思ます。

 

【生活コストを低くする】

生活コストが低ければ低い程、嫌な仕事を無理に続ける必要がなくなります。

 

仕事なんて、生活する最低限のお金だけ稼げれば良いものだと思えるようになれば、仕事で病むことも少なくなりますね。


自分に合わない仕事だったり職場だったらすぐに辞めて、また別の仕事を探せば良いだけです。

 

【余計なモノを持たない】

必要以上にモノを持ちすぎると、人生身動きが取りにくくなります。

 

モノが少ない方が環境を変える時にはめちゃくちゃ楽です。

 

これからも世の中の仕組みがどんどん変化していきます。変化に合わせて、生活スタイルや住む場所を変える時には、モノが少ない方が楽です。

 


というわけで、人生病まずに気楽に生きてくために大切にしてることを書きなぐりました。

 

以上。

ブログを書いてる理由。『飲み屋でぐだぐた身の上話をする代わりに、ブログでぐだぐだ身の上話を書いてるだけ』(笑)

ブログを書いてる理由を考えてみました。

 

そうしたら、

”『飲み屋でぐだぐた身の上話をする代わりに、ブログでぐだぐだ身の上話を書いてるだけ』”

ということが、ブログを書いている理由でした(笑)

 

意識の高い人からすると、何の生産性もない下らない行為だと思います(笑)

 

 

仕事や生活に活かせるライフハック的な記事とか、

世の中の社会情勢を考察したちきりんパイセン的な記事とか、

そんな生産性のある記事が書けたら、人生がもう少し変わっていくのかもしれないです(笑)


でも、凡人の自分にとっては、生産性のない、下らない記事を書くことで、日頃の溜まった色んな気持ちを発散しているんだと思います。

 

タバコやパチンコや風俗をやる人に『そんなことにお金と時間使ってどうするの?』って考えてしまうけど、

僕がブログを書くことだって、同じようなものだと思います。

 

 

 

【ただ思ったことを書きなぐっているから、ブログが続いている】

僕のブログ記事は、『公衆便所の落書き』みたいなもんです(笑)

 

何の生産性もない、ただ日頃思ったことを書きなぐっているだけのブログです。

でも、だからこそブログを書き続けられているんだと思います。

 

これに、SEOとか記事の有用性とか、生産性のあることを考えていたら絶対に続けられていないです(笑)

 

生産性のある行為は、仕事だけで十分ですね(笑)
凡人にとって生産性のある行為は、それ以上にしたくても能力的にできない(笑)

 


というわけで、僕のブログは、飲み屋でぐだぐた身の上話をしてるようなものなんだと、改めて思いました(笑)

 

以上。

『人生詰みそうになったら、いつでも夜逃げできるようにしておこう。』と考えて身軽に生きるようにしています。

人生っていつなにが起こるかわからないですね!!


一寸先は、『あんな坂!!こんな坂!!真っ逆さま!!』かもしれないです!!

 

社会の変化のスピードがどんどん速くなる現代だから、一寸先は闇ですね。


凡人の僕にとっては、いつ何が起こるかわからなくて怖いです。

 

怖くて怖くて、会いたくて会いたくて、毎日ガタガタガタガタ震えてますよ。毎日がポルターガイスト騒ぎです。

 

 

【いつなにが起こっても柔軟に対応するために、身軽に生きるよう心掛けてます。】

そういうわけで、いつなにが起こっても柔軟に対応するために、身軽に生きるように心掛けています。

 

具体的にどんなことを心掛けているのかというと、

 

・仕事にムキにならない。

仕事は生活するお金を稼ぐ為の行為に過ぎない。自分に合わない仕事なら、病む前に別の仕事探す。

 


・必要以上にモノを持たない。

部屋にモノがあり過ぎると、人生詰みそうな時に夜逃げに踏み切れないかも。

洗濯機とか冷蔵庫とか邪魔だからできれば所有したくないです。

さらに、マイホームなんて巨大な粗大ゴミでしかない(笑)お金貰えても欲しくないです(笑)

 


・独り身でいるようにする。

結婚したり子どもがいたりすると、人生詰みそうになっても、さすがに夜逃げなんてできないです。

僕みたいな人間の場合、最悪人生どうにもならなくて死を選んじゃうかも。
だから、独り身でいるようにしてます。

 


・他人の評価を気にしすぎない。

他人の評価を気にしすぎると、人生身軽に生きれなくなりますね。

でも、人生詰みそうな時に、他人からの評価が、自分を助けてくれたりなんかしません。

むしろ、他人からの評価に縛られて人生本当に詰んで死んじゃうかもしれないです。

他人から、変な人とか、仕事できない人とか、気の利かない人とか思われても別にいいです。

他人からそう思われたからって、いきなり道端で刃物で刺されるわけじゃないし(笑)

むしろ、他人からそう思われた方が開き直って、脳内お花畑で、清々しいくらいアホで健やかに生きられると思います。

 

 

 

というわけで、人生詰みそうになったらいつでも夜逃げできるように、身軽に生きるように心掛けています。

 

以上。

『今の日本は元々が無理ゲー仕様で、凡人にとっては負け確定ですね。だから、これからの時代にあった幸せな生き方を見つけていくことが大切だと思う。』

できない自分のことを悩んでばかりいると人生病みますね!!

 

悩むのやめましょう!!(笑)悩むだけ馬鹿らしいです!!(笑)

 

暗い顔してずっと悩んでるよりも、脳内お花畑で健やかにバカ丸出しで明るい顔して生きてる凡人の方が良いです(笑)

 


【今の日本は元々が無理ゲー仕様で、凡人にとっては負け確定だと思う。】

今の日本社会って、あらゆることにおいて無理ゲー仕様だと思います。

 

朝9時から夜9時まで1日12時間以上も働かなきゃならない程の過酷な労働環境ですね。

 

税金や社会保険の負担はどんどん増えて手元に残るお金は少なくなるし。


生産性向上とは逆進の、社会的慣行、礼儀、常識、人付き合い、過剰サービスが減る気配もない。


こんな元々が無茶苦茶な社会状況の中で、何もかも全て真面目にやってたら、人生病むのは確実です(笑)

 

なんで、真面目にやるのも良いけど、『今の日本の状況じゃ、上手くできなくても仕方ないよね』って、ゆるく考えていくことが人生病まない為に必要だと思います。

 

 

【現在の日本社会で、従来通りの生き方が幸せな人生だと考えるのはやめた方が良いと思う。】

上記で書いたけど、現在の日本社会は無理ゲー仕様です(笑)

 

なんで、そんな無理ゲー仕様の社会で、従来通りの生き方が幸せな人生だと考えるのはやめた方が良いと思います。

 

『20代~30代前半までには結婚して、子どもを産んで育てて、マイホーム手に入れて、住宅ローンを払い続けて、60歳で定年して、退職金貰って、老後は悠々自適に生活して、老人ホームに入って、最期を迎える。』

 

幸せな人生のモデルが、そんな従来の生き方だけだったら、確実に人生病みますね(笑)

 

そんな従来の生き方ができる人なんて、これからはどんどん限られてきます。凡人の僕には到底程遠い話です(笑)


というわけで、従来の幸せな人生モデルに縛られて生きていくのはやめた方が良いと思います。

 

これからの時代にあった、別の幸せな生き方があるから、それを見つけて生きていこうと思います。

 

なんかまとまらなくなったけど、とりあえず言いたいことを書きなぐってみました(笑)

 

以上。

『人類は生物的にはコスパの悪い生き物だから、人間に生まれた時点で負けが確定している』と思うと、人生気が楽になるなと思った件について。

『人間って生きていく上で面倒臭い生き物だなぁ~』と常日頃思っています(笑)

 

人間って欲望がありすぎて、人生に疲れると思うのです。

 

僕自身もまだまだ欲望がありすぎるから、人生疲れることもあるのです(笑)

 

・良い家に住みたい。
・高級な車に乗りたい。
・美味しいものを食べたい。
・オシャレな服を着たい。

・キレイなスタイルになりたい。
・海外リゾートでバカンスをしたい。
・仕事がデキる人間になりたい。
・プライベートの遊びも充実させたい。
・本をたくさん読んでウェットに富んだ文化的な人になりたい。
・他人から羨望の眼差しで見られたい。

 

ようするに『インスタ映えする人生を生きたい』ってことですね!!(笑)

 

書いてたら、なんだかアホ臭くなりました(笑)

 

 

【人類は生物的にはコスパの悪い生き物だから、人間に生まれた時点で負けが確定していると思う。】

最近、人類は生物的にはコスパの悪い生き物なんじゃないかと思うようになりました(笑)

 

●植物みたいに光合成で自分自身で栄養を作ることができない。

 

●栄養を摂取するために食料を求めて探し回ったり、農業をしなきゃならない。

 

●団体で群れて社会を築かないと生きていけない。
でも、団体で群れると疲れて病んでしまうこともある。

 

●食料だけじゃ足りなくて、他人からの承認もないと病んでしまって生きていけない。

 

●他の生物に比べて身体能力が低いから、科学技術を使わないと生きていけない。

 

●科学技術の発展し過ぎで地球環境を破壊して、人類自身で自分の首を絞めてる。

 

●人類が生きている限り人間の欲望は果しないから、戦争が一生終わる気がしない。


そういうことを考えてたら、『人類ってコスパ悪すぎっ!!』って思っちゃいました(笑)

 

どんだけ縛りプレイで人生生きてるのよ(笑)


ある意味、生きるのにコスパ悪すぎなのが、人間の醍醐味なのかもしれないですね(笑)

生きるのにコスパが悪いことにこそ、人類の存在意義があるのかもしれないですね(笑)

 

 

【『人間』っていうだけで生物的にはコスパ悪い負け確定の生き物だと思うと気が楽になる。】

とりあえず人間は欲望まみれで、欲望に振り回されて人生に疲れてしまう、救いようのない生き物です(笑)

 

他人と比べて自分に足りないものを見つけては疲れ果ててしまう生き物ですね。

 

でも、他人と比べる以前に、他の生物と比べると、人類はコスパの悪い負け確定の生き物です(笑)

 

そう思うと、肩の荷が降りて人間社会で起きる色んなことに対してちょっとずつ寛容にゆるく生きれるようになっていけると思います。

 

以上。

『とにかく身軽に生きていきたい』と思うようになった理由を考えてみただけの記事。

とにかく身軽に生きて、生活に掛かるコストを低くしていきたいです。

 

極度の面倒臭がりな人間なので、とにかく身軽に生きていきたいのです(笑)


結婚も、子どもも、モノもいらないから、身軽に生きていきたいのです。

 

 

【身軽に生きたくなった理由を考えてみた】

人生身軽に生きたくなった理由を考えてみました。

 

●人生なんて真面目に考えれば考えるほど病んでいくと思うようになったから。

 

●自分一人が生きようが死のうが、世の中に何の影響もないから。

 

●人類は欲望に振り回される、救いようのない生き物だなと思うようになったから。

 

●人間は欲望は果てしなくて、欲望に振り回されることに疲れたから。

 

 

【あらゆることに対して、複雑過ぎる時点で嫌になる。】

あらゆることに対して、複雑過ぎる時点で嫌になります。

 

複雑な人間関係がある所には近付きたくないですね。

 

複雑な手続きがあることもしたくないですね。

 

モノが溢れてごちゃごちゃしている所も片付け面倒だから住みたくないですね。

 

 

以上。
思ったことを書きなぐり。

効率の良い働き方とか、サービス残業とか、労働生産性が低いとか、支出少なくして生活することとかを呟いてみる。

呟きみたいな記事を書き殴りました。

 

頭が悪いから、メモしとかないと忘れる‼︎(笑)

 

【効率の良い働き方】

『最低限の合格ライン』を狙って仕事を早く処理していく。

 

仕事を早く処理できるから余裕の時間ができて、別の仕事を処理することができる。仕事の処理量を増やせる。

 

仕事単体のクオリティで見ると『最低限の合格ライン』。でも、処理している仕事の量は多いから、『最低限の合格ライン』で問題なし。

 

必要以上にクオリティを高めると、一つの仕事に時間を取られる。

そうすると、他の仕事を処理するために、サービス残業が増えて、その結果労働生産性が下がる。

 

※でも、『最低限の合格ライン』で仕事した結果、余裕時間が増えて仕事の処理量を増えたとしても、サービス残業しちゃうと意味ないと思う。

 

とりあえずサービス残業はしちゃダメ。

サービス残業した時点で効率の悪い働き方になっちゃう。

 

サービス残業

常に心の中で『サービス残業はしちゃダメ。』と呟く。

 

そして実際に、可能な限りサービス残業はしない。

 

サービス残業で質の高い仕事すると、それが当たり前になって、質の高い仕事がそのうち、普通の質の仕事になってしまう。

 

サービス残業による安い賃金での質の高い仕事』って、長期的に考えると、労働者が働いてばかりで余暇活動できなくて経済低迷とか社会システム低迷に繋がっていくと思う。

 

仕事が忙し過ぎて、結婚とか子育てとかする体力が残ってない人もいると思う。

 

日本の労働生産性の低さ

低報酬なのにサービス残業で時間掛けて質の高い仕事を求めるって、労働生産性を下げることに直結している。

 

日本の労働生産性の低さって、こういうことが原因なのでは?

 

日本人の細やかさが、逆に労働生産性を下げちゃってるのかも。

 

高い報酬を払ってもらえるなら、質の高い仕事して良いけど、低い報酬なのに質の高い仕事しちゃダメ。

そういうことすると更に労働生産性が下がってしまう。

 

自分も余暇時間が少なくなるし、社会的にも労働生産性が下がるし、サービス残業に良いことなんか一つもない。

 

 

【支出少なくして生活すること】

今の日本では、凡人は働けば働くほど損する社会だと思う。

 

働くよりも、支出を少なくして生活して自由な時間を増やした方が、人生コスパ良いと思う。

 

『自由な時間』って、お金とかモノとかよりも大切だと思う。

 

 

以上。