人生本気になると病むから、ゆるく生きてます。

人生本気になると病むので、ゆる〜く生きようとしている人間の低め安定な雑記ブログですよぉ〜。

いつも心に”陽気なフィリッピーナ”を!!

割と陽気な東南アジア気質です。

 

 

割と陽気な”東南アジア気質”の性格です!!

 

f:id:tasogare_syonen:20170227231800j:plain

(↑僕の中にいる陽気なフィリッピーナの”ニーナ”という人格。元気でガサツで色んなものに噛み付く性格です

 

 

「まぁ、なんとかなるでしょ」と考えて生きています。

 

 

 

フィリッピーナの陽気な明るさにに惹かれる。

 

フィリッピーナの陽気な明るさとバイタリティーの逞しさに憧れます。

 

 

「シャッチョサン!!」「アンタ、ナァ~~ニッテンッダヨォォォ~!!」

とか、カタカナの話し言葉が好きです。

 

 

フィリピンパブに行ったことなくて、本物のフィリッピーナに会ったことがないから、本当にフィリッピーナが明るくて陽気なのかは知りませんが。

 

 

 

陽気に生きていれば、大概のことはなんとかなっていくと思う。

 

陽気に生きていれば、大概の問題はなんとかなっていくと思っています。

 

一番最初に描いた絵は、僕の中の陽気な東南アジアな気質を構成しているフィリピーナのニーナという人格です。

 

 

ニーナの人物設定としては、

陽気なフィリピン人と、川崎カイヤ先輩やアニータ女史などの顔の面が厚そうな人が合わさった設定です。

 

 

せっかくの人生なので、

凄まじいバイタリティーを持って人生を謳歌していきたいです。

 

 

以上。

 

 

 

親の仇でもかって言うくらいに、台所の排水溝を毎日ゴシゴシ掃除している件について。

排水溝のヌルヌル汚れが苦手です。

 

 

 

というわけで、毎日排水溝を掃除しています。

 

 

 

毎日、晩御飯を食べた後に、排水溝を掃除しています。

f:id:tasogare_syonen:20170227223638j:plain

 

スポンジで金網を洗って、排水溝も洗っています。

f:id:tasogare_syonen:20170227223648j:plain

 

毎日掃除しているので、水垢とかヌルヌル汚れは発生しません。

f:id:tasogare_syonen:20170227223659j:plain

 

 

 

ヌルヌル汚れが大嫌いです。

 

 

親の仇でもかってくらいにゴシゴシと

金網と排水溝を掃除しています。

 

 

 

以前にテレビで、アルミホイルを丸めたものを排水溝に置いておくと、ぬめりが発生しないってやってました。

 

やってみたけど、ぬめりが発生して気持ち悪かったです。

 

なので、毎日洗えば全部解決するじゃんということで、毎日掃除することにしました。

 

 

以上。

結婚したり、子どもがいないと幸せになれないって思っている人は、いつまでたっても幸せになれないと思う件について。

結婚しないと寂しいとか、

 

子どもがいないと寂しいとか、

 

そういうこと言っている人は、いつまでたっても幸せになれない気がします。

 

 

 

なんでそういうこと言っている人は、幸せになれないと思うのか?

 

結婚したら幸せになれるとか、子どもがいたら幸せになれるとか、

そういうこと言っている人って、

 

 

今の自分の置かれている状況で、面白いことや楽しいことを見つけ出す能力が無いと思うからです。

 

 

そういうこと言っている人って、

結局、結婚したり、子どもがいたとしても、

その状況にまた不満を見つけて、文句を付けたりすると思うのです。

 

 

独り身だからこそ楽しめること。

 

独り身の一番の特権は

 

「自由」

 

です。

 

 

仕事してお金を稼いで自立した社会生活を営んでいれば、独身の人は何をしても文句を言われることはありません。

 

好きなものを食べられるし、

好きなものを買えるし、

好きな所に旅行に行けるし、

好きな時に寝れるし、

好きな時に遊べるし、

 

とにかくちゃんと自立さえしていれば、何をしても文句を言われません。

 

これって本当に素晴らしいことです。

 

 

 

結婚したって楽しくないこともあるし、子どもがいたって楽しくないこともある。

 

結婚をしたら何もかも楽しいことばかりなわけありません。

 

シンデレラみたいに、毎日王子様とイチャイチャウフフして、頭の中お花畑で生きていくことはできません。

 

子どもだって、自分の思ったように育ってくれなくて、イライラすることもあります。

子育てで精一杯で、自分の時間を持つことなんてできなくなっちゃいます。

 

 

 

どうやったら幸せになれるんだろう?

 

自分の置かれている状況の中で、楽しみとか面白いこととか見つけ出せる人はどんな環境でも幸せになれると思います。

 

まぁ、もの凄くブラックな企業で働いていたり、イジメを受けているような環境にいる場合は、そんな所で頑張らずに、別の環境に移って幸せを見つけるべきですが。

 

 

以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が夢中になれることが一つ見つかった。くだらないバカ話をして周りの人が笑ってくれることに快感を感じます。

すごく、くだらない記事です。

 

自分が夢中になれることが一つ見つかりました。

 

 

ものすごくくだらないバカ話をして、聞いている周りの人が笑ってくれたら、めちゃくちゃ快感を覚えます。

 

 

自分が楽しいなと思えることを話して、それを聞いた周りの人が笑ってくれたら、すごく嬉しいです。

 

どうやったら笑ってくれるのか考えるのが楽しいです。

 

話の持って行き方、話すスピードとか声のトーンとか効果音とか、とっさの会話の切り返しとか、

 

そういうことの工夫次第で、笑ってくれるかどうかが変わるので、興味深いです。

 

 

自分では面白いと思って聞いて欲しくて欲しくて話した内容がイマイチな反応だったり、

 

一方で、

思い掛けない一言から、メチャクチャ笑える話しになってしまったり。

 

 

そんな感じで、

僕が話したバカ話で笑ってくれる人がいたら、メチャクチャ快感を覚えます。

 

以上

 

 

「いつも心に”平野レミ”を!」的な気持ちで生活しています。

平野レミが大好き!!

 

理研究家の「平野レミ」が大好きです。

 

f:id:tasogare_syonen:20170219233824p:plain

 

 

僕の中では、平野レミは料理研究家ではなく、料理芸人だと思っています。

 

 

 

平野レミ本人は、

「シェフじゃなくて主婦~!!」

とテレビでよく言っていますね。

 

 

 

平野レミのどんな所が好きか?

 

平野レミの大雑把でガサツな所が大好きです。

 

 

人生って毎日毎日これでもかっていうくらい大変なことが起き続けます。

 

だから、そんなことに一々気にしてクヨクヨしていたら生きていけません。

 

平野レミくらいに、人生の色んなことに対して、大雑把でガサツに生きていた方が、精神衛生上健康に生活できると思います。

 

 

NHKの料理番組とかで、

 

 

「味が染み込みやすいから」って理由で、トマトを素手でぐちゃぐちゃに握り潰したり、

 

 

ブロッコリーを丸ごと1本電子レンジでチンして、たらこソースを上からぶっ掛けるだけの料理を作ったり、ブロッコリーが横転して放送事故レベルの料理になったり)

 

 

目玉焼きが無くて料理の見栄えが良くないからって、熱湯消毒済みの目玉焼きのマグネットを皿に盛りつけて、誤魔化しちゃったり、

 

 

そんな感じで、

小さなことを一々気にしない、その場しのぎが大得意な、陽気な、

平野レミを尊敬しています。

 

 

 

いつも心に「平野レミ」がいれば人生幸せに生きれると思う。

 

平野レミみたいに、

小さなことを気にしないで、大雑把で、明るくて、陽気に毎日暮らしていれば、それだけで人生幸せに生きられると思います。

 

 

というわけで、僕は「いつも心に平野レミを!!」な気持ちで生活しています。

 

 

以上。

刺身があまり食べられなくなった件について。

この前、久しぶりにお寿司を食べました。

 

この前、久しぶりにお寿司を食べました。

 

半年振りぐらいにお寿司を食べに行ったと思います。

 

お寿司を食べた時に、

 

「んっ?

 

お寿司ってこんな食べ物だったっけ?」

 

と思ってしまいました。

 

 

生ものが前よりも苦手になったかも。

 

生ものが前よりも苦手になった気がします。

 

生臭い匂いとか食感とかが苦手になってしまいました。

 

別に刺身とか食べないなら食べなくてもいいやと思うようになりました。

 

 

火を通した魚は好き。

 

火を通した魚は好きです。

 

焼き魚とか、煮魚とか好きです。

 

なんか話のオチがないのでこれで終了します。

 

以上。

 

 

 

 

 

 

SMAPの「夜空ノムコウ」は大好きだけど、「世界に一つだけの花」はなんだか嫌い。と思った件について。

いつにも増して、すご~くどうでもいい記事です。

 

 

 SMAPの「世界に一つだけの花」が好きな人は純粋な人で、「夜空ノムコウ」が好きな人は、ひねくれ者な気がするという記事です。

 

 

 

SMAPの「夜空ノムコウ」は好き。

 

SMAPの「夜空ノムコウ」が好きです。

 

歌詞とかメロディーとか全部が好きです。

 

「あれから僕たちは何かを信じて来れたかな。」

「全てが思うほど上手くはいかないみたいだ。」

「夜空の向こうにはもう明日が待っている。」

 

とかの歌詞が良いですね。

 

生きていると本当に、

 

全てが思うほど上手くはいかないみたいだ。

 

と思うことがたくさんありますね。

 

 

でもそんな中でも、

 

これからも明日が続いていくから生きていくしかないんだな

 

と思って、

色々あるけど生きていくしかないのねって、

 

なんとなく納得して、騙し騙し生きていくのが人生なのかなと思って明日を迎えます。

 

 

 

SMAPの「世界に一つだけの花」はなんだか嫌い。

 

SMAPの「世界に一つだけの花」は、なんだか嫌いです。

 

偽善っぽい歌詞が苦手です。

 

「そうさ僕らは世界に一つだけに花」

「一人一人違う種を持つ」

「その花を咲かせることだけに」

「一生懸命になればいい」

 

生きることを無理に頑張らされているような気がして、僕には苦手です。

 

別に「一人一人違わなくてもいいじゃん」と思ってしまいます。

 

人と違うようになるのって、疲れる作業だと思うので。

 

 

 

 SMAPの「夜空ノムコウ」は好きで、「世界に一つだけの花」はなんだか嫌いな僕は、ひねくれ者なのでしょうか。

 

世界に一つだけの花」が好きな人って純粋な気がします。

生きている世界がキラキラ見えている気がします。

 

逆に、

 

夜空ノムコウ」が好きな人はひねくれている気がします。

生きている世界に少し影があるような気がします。(悪い意味の影では無いけど)

 

 

純粋な人は純粋なまま生きればいいし、

ひねくれている人はひねくれたまま生きればいいと思います。

 

 

 

色んな人がいた方が世の中面白い気がするので。

 

以上。