「1ヵ月12万円生活」ブログ

ブログ開設当初は1カ月12万円で生活する方法を書いたりしてました。でも、割と早い段階でネタ切れになったので、今は好き勝手書いてる日記ブログです(笑)

1か月12万円生活をして貯金したお金の使い道について。住宅ローンを借りる際の「団体信用生命保険」。

1か月12万円生活をして貯金したお金の使い道について

 

1か月12万円生活をしているので、それなりに貯金をすることができています。

貯金したお金の使い道について書いてみます。

 

実家の住宅ローンの繰り上げ返済。

 

実家の住宅ローンが700万円ぐらい残っています。父親は定年退職しました。母親は専業主婦です。

父親は定年退職したのですが、住宅ローンの返済が残っています。さらに、貯金がほとんどありません。老後破産って、きっとこういうことなんだろう。」と感じています。

両親の介護も必要になってくるので、僕が貯金したお金を実家の住宅ローンの繰り上げ返済を考えていました。

 

住宅ローンの繰り上げ返済しても、80万円程度しか得しない。

 

僕の貯金を使って実家の住宅ローンの繰り上げ返済をした場合にどれぐらい得をするのか調べてみました。

そうしたら、最大でも80万円程度しか得しないことがわかりました得する金額はもっと少ないと思います。

 

最大でも80万程度しか得しないのであれば、繰り上げ返済しない方が良いかなと考えています。

 

貯金しているお金は、住宅ローンの繰り上げ返済よりも、不測の事態のために使う。

 

今後両親に何が起こるかわからないので、貯金しているお金は不測の事態のときに使おうと考えています。

両親は住宅ローンの返済だけで精一杯で、老後の貯金ができていないです。介護が必要になった時には、どうにもできないです。

 

なので、僕が貯めているお金は、両親に不測の事態が起きた時に使おうと考えています。

 

住宅ローンを借りる際には「団体信用生命保険」というものに、ほぼ加入している。

 

住宅ローンを借りる際には、団体信用生命保険っていうものに加入することが条件になっていることが多いです。

 

団体信用生命保険」とは、住宅ローンを借りている人が、住宅ローンの返済途中で死亡したり、高度障害になった場合に、それ以降の住宅ローンの返済が無くなる保険です。

 

団体信用生命保険」を前提にした、僕の貯金の使い方。

 

団体信用生命保険があるので、僕の貯金を実家の住宅ローンの繰り上げ返済に充てる必要はないかなと思います。

 

僕の貯金は、両親が倒れて介護が必要になった際のために残しておくのが一番良いのかなと考えています。

 

両親は今の生活で、なんとか住宅ローンの返済を続けながら生活できています。でも老後の貯金は全くできません。

 

団体信用生命保険に加入しているので、ローンの返済中に父親が死亡した場合は住宅ローンの返済が終了します。

 

両親がいつ倒れて介護が必要な状況になるかは、今の段階では全くわかりません。5年先かもしれないし、 20年先かもしれません。でも、将来に介護のお金が必要になることだけは確実です。

 

今の段階では不確定な要素が多いです。なので、現時点では、僕はお金を貯金し続けることが一番良い選択だろうと考えています。まとまったお金があれば、どんな状況が起きてもそれなりに対応はできるますので。

 

 

以上。