読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「1ヵ月12万円生活」ブログ

1ヵ月12万円で生活できるように実践したり考えてみたりするブログです。でも結構脱線してます。

yahooニュースで「大人のひきこもり」についての記事を読んで思ったこと。誰でもひきこもりになる可能性があるので、開き直って心地良い生き方を選択することが大切だと思う。

yahooニュースで「大人のひきこもり」についてのニュース記事を読んだ。

 

yahooニュースで「大人のひきこもり」についての記事が掲載されていました。

下記リンクです。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

長期間自宅にひきこもる位なら、開き直って明るいフリーターとか明るいニートで生活していこうと僕は思う。

 

就職が上手くいかなくて人間不信になって、社会復帰できなくて、長期間ひきこもりをして生活する位なら、開き直ってフリーターとかニートで生活していこうと僕は思います。

 

明るいフリーターとか明るいニートだと、あんまり後ろ指刺されないと思います。

 

というか、後ろ指刺されたら、その後ろ指刺している指をへし折ってやる位の図太さで生きていこうと思います。

 

フリーターとかニートとかでも、社会の常識とかクソくらえな感じで生きていたら、「こんな生き方もできるのね。人生って意外とどうにかなるものね。」と、逆に色んな人に安心感を与えられる存在になるかもしれないです。

 

 

現代の日本なら働かなくてもそれなりに生きていけると思う。だからそんなに深刻に悩む必要なんて無いと思います。

 

現代の日本なら最悪働かなくても生きていけると思います。

 

生活保護があるので、病気や怪我で働けない状況になったときは生活保護を申請すれば良いと思います。

本当は働けるのに、嘘付いて生活保護を申請するのは良くないと思いますが。

 

でも、働ける状態、働けない状態って、判断をするのって難しいと思います。

本人にとっては、とてもとても辛くて働けない状態でも、他人から見ればただ怠けているとしか見られないかもしれないですし。

 

でも、本人が辛いと感じているなら、辛いんですから、生活保護を申請すれば良いと思います。

 

現代の日本ならば、豊かなので生活保護を受ける人が増えてもなんとかなるでしょう。

 

それに、たくさんの凡人の中から生まれてくる一部の能力や才能がある人は、たくさん経済を発展させてくれるので、凡人はそういうすごい人たちに助けてもらって生きていけば良いと思うのです。

 

能力のある人や才能がある人だって、たくさんの凡人の犠牲の上に生まれてくることができたと思うので、お互いに助け合う存在だと思います。

 

 

とにかく明るく生きていれば、色んなことが上手くいくと思う。

 

どんな状況に陥っても、あまり深刻に悩まずに、どうにかなると思って、明るく生きていた方が良いと思います。

 

僕の場合はそういう風に生きていこうと思っています。

 

明るい人の方が、幸せなことが発生しやすいと思いますので。

 

以上。