読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「1ヵ月12万円生活」ブログ

1ヵ月12万円で生活できるように実践したり考えてみたりするブログです。でも結構脱線してます。

ちきりんの「自分の時間を取り戻そう」という本を読みました。「面倒くさがり」の性格って、意味長所なのかもと思った件について。

ちきりんの「自分の時間を取り戻そう」という本を読みました。

f:id:tasogare_syonen:20170206213727j:plain

 

ブログとか本を読んでいると、ゆるい感じの印象を受ける「ちきりん」さんですが、基本スペックは一般人よりもメチャクチャ高めだと思います。

 

最初の時点から、ちきりんと一般人では能力に雲泥の差があると思います。

 

ちきりんの本を読んで、その通りに実行すれば、自分もこの人と同じ立ち位置になれると思ったら、人生苦しくなるのでやめた方がいいと思います。

 

それでも、ちきりんの考えは一般の人にも通じると思います。

 

なので、一般人は一般人なりに、ちきりんの考えを利用してみると、人生が今よりも生きやすくなると思います。

 

 この本の内容は、

「忙しい毎日を見直して、できるだけ自分の時間を確保できるように効率的に仕事をしましょう」

 というものです。

 

効率的に仕事をすることができれば、自分の時間も持てるし、仕事も上手くいくしで、良いことがたくさんあるみたいです。

 

 

僕は面倒くさがりです。

 

僕は面倒くさがりです。

 

手間が掛かることとか大嫌いでしたくないです。

仕事でも、時間が掛かることがあると「面倒くさいなぁ」と思ってしまいます。

 

仕事をしていく上で、「とにかく面倒くさいことは少なくしよう」と考えながら仕事しています。

 

 

頑張るのは良いけど、それを頑張ってどれだけの効果があるのかを考えないと。

 

頑張るのは良いのかもしれないですが、頑張る前にそれを頑張ることでどれだけの効果があるのかをしっかりと考える必要があると思います。

 

これって「コストパフォーマンス」っていうのでしょうか。

 

すごく時間を掛けて頑張った割には、得られる成果が小さいものだと、頑張る意味があんまりないと思うので、そういうことはやめていった方が良いと思うのです。

 

 

頑張ってる姿は、素敵に見えるのかもしれないけれど。

 

成果があるのかないのかわからないけれど、一生懸命頑張っている姿というのは素敵に見えます。

 

成果がなくても、頑張っていれば成果が出ているように見えてしまうので、頑張ることってなんだか物事を複雑にしちゃうと思います。

 

頑張るのは良いんですが、ちゃんと成果の出る方法で頑張らないといけないと思います。

 

 

「色んな物事に対して、面倒くさいからできるだけ楽にやろう」って考える視点って大切だと思う。

 

僕は面倒くさがりなので、なにかする時に、とにかく楽にできるようにしようと考えます。

 

何かをする時に、頑張ってもあんまり成果が無さそうなことは、疲れるだけだからやらないようにしようと思ってしまいます。

 

会議とかで資料を作る時も、わざわざ資料を作らなくても伝わる部分は、口頭で伝えて済まそうと考えてしまいます。

 

何かをする時に、完璧を目指すのは疲れるので、7割ぐらいの完成度でそれなりにまとまっているようなものを作ろうと考えています。というか、色々上手く適当やり過ごして、できるだけ楽ができるようにしています。

 

 

面倒くさがりって、ある意味、長所かもしれない。

 

この面倒くさがりの性格って、ある意味長所かもしれないと思うようになりました。

 

なんか、一生懸命頑張っているんだけれども、イマイチ何をしたいのかわからない残念な人を見ることがあります。

 

物事を近くから見過ぎていて、周りの状況とかあんまり見えてないなと思うことがあります。

 

もうちょっと、客観的に見て物事を進めていけば、色々上手く進むのにと思うことがあります。

 

子どもの頃は、面倒くさがりで、あんまりやる気のない子どもだったから、学校の家庭訪問の時に「やる気があまりなくて、このまま大人になったら心配です。」って言われたことがありました。

 

でも、今になってみると、色んなことを面倒くせぇなと思いながら、できるだけ楽してやる方法を考えようとする長所になったので、良かったと思います。

 

以上。