「1ヵ月12万円生活」ブログ

ブログ開設当初は1カ月12万円で生活する方法を書いたりしてました。でも、割と早い段階でネタ切れになったので、今は好き勝手書いてる日記ブログです(笑)

ダイソー、キャンドゥー、セリアの3大100円ショップに思うこと。

最近、100円ショップを見て回るのが楽しいです。

 

色んなアイディアグッズがあって感心しちゃいます。

 

 

100円ショップが世の中には出始めた頃って、明らかにちゃっちい商品しか置いてなかった。

 

「100円ショップに行かなきゃ!!」

「100円ショップに行かなきゃ!!」

「100円ショップに行かなきゃ!!」

 

「100円ショップ、ウェイ ウェイ ウェェェーィイwww!!」

 

 

親戚のおばさんが100円ショップ信者でした。

 

僕が100円ショップという存在を知ったのは、17、8年前だと思います。

世紀末のなんとなく世の中がザワザワしていた頃です。某ノストラダムスとか。

 

おばさんに連れられて一緒に行ったのが、僕の初めての100円ショップでした。

 

 

100円ショップ黎明期には、10歳ぐらいの子どもでも「これは明らかにすぐ壊れて使えなくなるもの」と思えるものしか置いてなかった。

 

おばさんに連れられて100円ショップに行きましたが、全く欲しいと思うものがありませんでした。

 

「こんなちゃっちいもの買ったら、すぐ壊れてゴミが増えて処分するのが面倒・・・。」

と子どもながらに思いました。

 

東南アジアのショピングモールにある、ちゃっちいもの置いてるコーナーみたいな感じがしました。

 

 なんかイチゴ大福のソフトキャンディーの商品があって、体に悪影響を与える添加物が入ってそうだけど美味しくて食べてた記憶があります。

 

 

100円ショップも時を経てオシャンティーになった。

 

そんなこんなで100円ショップも洗練されましたね。

 

100円ショップ商品のリメイクとかDIYとか見てるとメチャクチャ楽しいです。

 

 

ダイソー、キャンドゥー、セリアの3大100円ショップにお店に思うこと。

 

▪️ダイソー

品揃えが一番多いと思う。3店の中で一番手広く大衆的な気がする。 安定の盤石ですね。「100円ショップ界のイトーヨーカドー。」

 

▪️キャンドゥー

洗練されてるんだけど、まだどことなく発展途上な感じがする。

所々に100円ショップ黎明期のカオスな商品セレクトがあって3店の中で一番ワクワクさせられる。

原色使いの目がチカチカする商品が一番多い気がする。東南アジアとか中国に来ている錯覚を覚える。

ツッコミ所が多いので、3店の中で一番好きです。「100円ショップ界のドンキホーテ

 

 

▪️セリア

「100円ショップ界の無印良品

店内が白い気がする。

お客さんがレースとかロハスとかフェアトレードとか北欧家具とかに感心ありそうな女性が多い気がする。

置いてある商品数が少なくて、「質の高い商品を厳選して置いてます」アピールをすごく感じる。(でも、100円ショップ。)

商品の陳列方法がガサツで、なんか意外とオシャレじゃない気がする。(商品の選定に力を入れ過ぎて、商品の陳列まで手が回っていない気がする。でも、そんな気の抜けた所が好き。)

 

 

 

100円ショップに行かなきゃ!!

 

以上。