「1ヵ月12万円生活」ブログ

ブログ開設当初は1カ月12万円で生活する方法を書いたりしてました。でも、割と早い段階でネタ切れになったので、今は好き勝手書いてる日記ブログです(笑)

初対面の人とカラオケに行った時に好感度をアップさせる方法。

4月の歓迎会時期もすっかり終わって、今さら感満載ですが、初対面の人とカラオケに行った時に、僕的に感じた好感度をアップさせる方法を書いていきます。

 

好感度なんかクソくらえの、タフネス我が道を行くさんは、それはそれでカッコイイので、是非貫いて下さい。

 

 

求められるまで歌わない。

カラオケが好きだったり、歌うのが得意だとしても自分からガツガツ歌いにいくのはやめた方が良いと思います。

 

取り敢えず回りの人が歌うのを優先して基本リモコンに触らないのが良いです。聞き役、盛り上げ役に徹するのがベストです。

 

回りの人が歌っていないことに気付いて、リモコンで入れるように促されたら入れましょう。

 

 

みんなで盛り上がれる曲を歌う。

自分の歌いたい曲や得意な曲を入れたいのはわかりますが、みんなが知ってる盛り上がれる曲を入れるのが良いと思います。

 

あんまりゴテゴテのラブソングとか熱唱されても、回りの人が反応に困りますし。

 

尾崎豊の「I love you」とか熱唱されちゃうと、いくら上手くても反応に困ります(笑)

 

 

音程だけしっかり合わせて、サラッと歌う。

いくら歌が上手くても、あんまり熱唱されると回りが引いてしまいます。

 

歌声が大き過ぎたり、ビブラートかけ過ぎたりすると、回りの人の話し声が聞こえなくなってしまい、大声で話さなきゃならなくなってしまいます。

 

歌声は回りの会話の邪魔にならない程度に抑えて歌いましょう。

 

あと、ビブラートとか色んな技を掛けない方が好感度が高いと思います。

 

やり過ぎると、

「なにカラオケ如きで自己アピールしまくっているの?」

 

と思われてしまいます。

 

取り敢えず音程だけしっかり取って、回りの会話を遮らない程度の声量で、サラッと歌うのがベストです。

 

BGMみたいな存在になるのが一番好感度が上がると思います。

 

 

サラッと上手に歌うと好感度が上がる。

力を抜いて音程だけしっかり合わせて歌うと、

「あ、〇〇さんって歌上手なんですね〜。」

と言ってもらえて好感度を上げることができます。

 

 

以上。