人生本気になると病むから、ゆるく生きてます。

人生本気になると病むので、ゆる〜く生きようとしている人間の低め安定な雑記ブログですよぉ〜。

1か月の生活費を10万円以内にできるのか考えてみる。

生活するのに必要なお金が少なければ少ないほど、人生生きやすくなると思います。

 

生活費が少ないから、労働時間も短くできます。また、アルバイトのような簡単な仕事でも生活していけるので、仕事によるストレスも少なくできます。

 

労働時間や、仕事のストレスが少なくなることで、余暇時間をたっぷり持つことができます。

 

たっぷりある余暇時間で自分の好きなことに熱中することができます。それで、さらに

 

することもできるかもしれないです。

というか、世の中少しずつそういう人が増えてきていると思うのです。

 

そこで、生活費をできるだけ下げることが重要です。

というわけで、1ヶ月10万円以内で生活する場合の生活費をざっくり考えてみたいと思います。

 

 

1ヶ月10万円の生活費

家賃40000円

食費20000円

水道代3000円

電気3000円

ガス3000円

生活雑貨2000円

通信費5000円

ーーーーーーーーー

合計 76000円

 

10万円まで、あと24000円残ってます。

残りの24000円で、交通費、被服費、娯楽費、医療費、予備費を支出する必要があります。この支出が僕的にはイメージしにくいです。

 

交通費10000円

被服費3000円

娯楽費5000円

医療費3000円

予備費3000円

ーーーーーーーー

合計24000円

 

交通費は通勤等は自転車で済ませれるならもっと抑えれますね。

また、被服費と医療費は毎月支出するわけではないし。

そうすれば予備費にもっと回せますね。

予備費で余りが出た分は貯金しておきます。

 

 

1ヶ月の生活費10万円の内訳は、こんな感じかなとざっくり考えてみました。

 

実際に1ヶ月10万円で生活している人のブログもありますね。そういう方のブログってすごく参考になりますね。

 

1ヶ月10万円で生活できるんだ。

 

それならこの先何があってもとりあえず大丈夫だろう。

 

1ヶ月に10万円稼ぐ分だけ働いて、あとは自分の好きなことや興味のあることに時間を注ごう。

 

自分の好きなことや興味のあることをできる時間がたくさんある人生は、楽しい人生だろう。

 

そんな風にポジティブに人生考えられますね。

 

以上。