人生本気になると病むから、ゆるく生きてます。

人生本気になると病むので、ゆる〜く生きようとしている人間の低め安定な雑記ブログですよぉ〜。

アパートの火災保険を検討中。

アパートの火災保険を検討しています。

 

通常はアパートを借りる際に火災保険に加入することが必須条件になっていますよね。

 

でも、今住んでいるアパートは大家さんがゆるい人なので、アパートを契約する際に火災保険に加入するようにとは特に言われていませんでした。

 

大家さんの方でアパートに火災保険を掛けているから特に入らなくても良いのかなラッキーと思っていました。通常はアパート契約時に、大家の方で決めている2年で15000円位の火災保険に加入していますよね。

 

ネットで色々調べてみたら、火災保険はやっぱり入っておくべきだそうです。

 

 

火災保険に入っておくべき理由

ネットで調べてみたら、火災保険に入っておくべき理由は以下の3点でした。

1.家財の損害補償

2.大家さんに対する賠償責任補償

3.第三者への賠償責任補償

 

1「家財の損害補償」は、火事等により自身の所有している家具家電に損害があった場合に補償してくれます。

 

2「大家さんに対する賠償責任補償」は、火事や水ぬれ等によってアパートに損害を与えた場合に補償してくれます。

 

3「第三者への賠償責任補償」は、火事や水ぬれ等によりアパートに住む住人に損害を与えた場合に補償してくれます。

 

とりあえず、2「大家さんに対する賠償責任補償」と3「第三者への賠償責任補償」が重要だと思います。

 

1「家財の損害」は僕の場合はどうでもいいです(笑)

僕の持ってる高い家電はノートPCぐらいです(笑)家財はほとんど無いし(笑)

 

というわけで僕の場合は、「大家さんに対する賠償責任補償」「第三者への賠償責任補償」に重点を置いていて、保険料が安い火災保険を契約するのが良いと思います。

 

 

日新火災の「お部屋を借りるときの保険」が僕には合っていると思う。

ネットで自分に合っている火災保険を探してみた結果、日新火災の「お部屋を借りるときの保険」が僕には合っていると思いました。

direct.nisshinfire.co.jp

 

この火災保険は、僕がよく読ませてもらっている「キムのセミリタイア日記」というブログで紹介されていたものです。

 

 

日新火災の「お部屋を借りるときの保険」の補償内容

「家財の損害補償」⇒100万円

「大家さんに対する賠償責任補償」⇒2000万円

「第三者への賠償責任補償」⇒1億円

 これで年間保険料は4000円です。2年間だと8000円です。

 

通常だとアパートを契約する際に大家指定の火災保険に加入する場合2年間で15000円程度ですので、日新火災の「お部屋を借りるときの保険」は7000円もお得ですね。

 

 

というわけで、近いうちにこの火災保険に加入しようと思います。

あと、別のアパートに引っ越した際も、自分で火災保険を選んで加入するようにしようと思います。

 

以上。